我々の社会に希望は
あるのだろうか?

How bright is our future?

少子高齢化、人口減少、
経済の停滞。。。
「どうせ、よくならない」と
未来をあきらめていないだろうか?

Aging society, shrinking population, stagnation of economy…
“Things won`t work out anyway. Why should I bother.”

人は残された時間が
あと数ヶ月だと知った時、
自分の人生の
意味について考える。

When you know that you only have few months left,
you start to think about what life really means.

感謝、涙、笑顔。
命の現場には、死があり、
それゆえに生の希望が輝く。

“Thank you for everything.”
Life is bright because death lies beside.

死はつめたいものではなく、
あたたかい。

Time to death is not just sad, it can be very warm.

我々は命の現場に触れながら、
自分の命について考える。
この与えられた時間を
何のために使うのか。

Facing the last moments of our patients, we ask ourselves.
Why are we here? What is our life worth?

立ち上がれ

Be the one.

自分は必ず誰かの役に立てる。
自分を信じ、他人(ひと)を信じる。

We can be someone's help. Let us believe in ourselves.

そういう仲間が
そこかしこに生まれれば、
未来は明るい。

Then our future is bright.

未来は変えられる。
だから希望を持って、
この言葉を伝え続ける。

We will repeat these words again and again,
because we believe we can really change.

我々はもっとよくなれる。

We can make the future better.